岡崎 安城 豊田 パーソナルトレーニング 体幹トレーニング

【岡崎】パーソナルトレーニングスタジオ・ホワイトムーン

美尻と骨盤と姿勢との関係は!?【5】

 

こんにちは。

 

岡崎のパーソナルトレーニングスタジオ・ホワイトムーン代表

体幹トレーニングで 若くて かっこいいカラダをつくる
パーソナルトレーナーの清水朗子です。

 

今回は、美尻になるための骨盤の傾きについてお話しします。

 

 

この骨盤の傾きによって、姿勢が大きく変わってくるんです。

良い姿勢の状態では、骨盤は少し前に傾いているのです。

この傾きを骨盤の前傾(ぜんけい)と言います。【画像①】

 

この骨盤前傾により、腰からお尻に向かってカーブが出来ます。
このカーブが腰にかかる衝撃を軽減してくれる役目をしています。

【画像①】

20160224_122611636_iOS

 

 

 

 

腰からお尻にかけてカーブが無い状態は、
骨盤が後ろに傾いている状態で 骨盤の後傾(こうけい)といいます。
日本人に多いタイプです。【画像②】

お尻が下に下がってしまっています

 

重心が後ろにかかってしまうため、
バランスを取るために頭を前に出して、

背中全体が丸まってしまう猫背になる原因にもなります。

 

下腹部が腹がポッコリと出てしまいます。
お尻に筋肉がつきにくく、
腿の裏やお尻の柔軟性が欠如していることが多いです。

【画像②】

20160224_123705613_iOS

 

 

 

 

逆にこちらは、骨盤前傾過多(ぜんけいかた)で、 いわゆる反り腰です。

腰から背中への緊張が強いタイプ。【画像③】

 

背中から腰に掛けて緊張が強く、お腹に力が入りにくい。

腿の前の力が強く、お尻に力を入れにくい。

お尻が大きくなりやすいタイプ。

【画像③】

20160224_123711817_iOS

 

 

 

 

もうひとつ。

妊婦さんは、お腹が大きくなってくると、
お腹を支えるためにこの姿勢になります。

小さい子を抱っこする時などにもとる体勢です。

 

特徴は、腰を前に押し出した状態で、後ろにもたれた感じです。

骨盤前方移動(ぜんぽういどう)といいます。【画像④】

 

この姿勢の方、意外に多くお見かけします。

この体勢で立っていると、お腹が前に突き出るし、

ヒップが下に向いてしまいます

【画像④】
 20160224_123724060_iOS

 

 

 

 

正しい姿勢で立った時の骨盤の角度は、

垂直より30°前に傾いた状態です。【画像⑤】

【画像⑤】

20160224_123648767_iOS

 

良い姿勢は、体にとって、楽なポジションです。

日常生活を楽にします。

 

そして、お尻を下に向けてしまわないこと(前傾を保つこと)が

美尻になるための条件なのです。

 


良い姿勢を作るには、ご自身の伸ばすべき筋肉をストレッチし、

鍛えるべき筋肉をトレーニングをすることが必要です。

どこの筋肉がどうなのかがご自分で判断できない場合は、
専門家(パーソナルトレーナー)に
みてもらう事を おすすめします。

 

 

 

良い姿勢を作りながら、美尻トレーニングをすることで、

効率良く効果を上げていきます。

 

良い姿勢と正しい骨盤の角度は、美尻への近道です!

 

 

102

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール
清水朗子プロフィール

清水 朗子(しみず ろうこ)
詳しいプロフィール
スタジオ・ホワイトムーンの特徴
体幹トレーニングの考え方
若いカラダになるために
スタジオのご案内
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ