岡崎 安城 豊田 パーソナルトレーニング ヒップアップ

【岡崎】パーソナルトレーニングスタジオ・ホワイトムーン

体幹を意識した呼吸法【41】

読了までの目安時間:約 2分

 

 

呼吸意識して行った事がありますか?

呼吸は、酸素を吸って二酸化炭素を吐き出す役目をしていて、
酸素が入って来ないと、窒息してしまいます。

 

普段は無意識下で行っている呼吸ですが、
意識して行う事で、それが運動になります。

 

私が推奨する呼吸は、吸うときは鼻から吸って、
吐く時は口から吐きます。
鼻から吸うことで、鼻の粘膜がフィルターになり、
ほこりや細菌、ウイルスの侵入を防いでくれます。
口から吐くことで、お腹から深く息を吐くことができます。

 

また、呼吸の仕方には3つの方法があります。

①胸式呼吸

 日常の浅い呼吸は胸式で行われていることが多いです。

②腹式呼吸

 深呼吸など、大きく呼吸をする時に使います。
 リラックスを促す効果もあります。

③肋間呼吸

 意識的に肋骨を横へ広げるように呼吸をします。
 お腹を膨らませることなく肺を膨らませることで、
 腹圧を抜かずに呼吸が出来ます。

 

肋間呼吸を身に付けると、

呼吸自体が「体幹トレーニング」になります。

それは、体幹の奥の方にある、

コアというインナーマッスルを使っていくからです。

 

この呼吸の仕方は、トレーニングを行っている時も使いたいので、
是非、やってみてください。

           ⇩

こ      呼吸法の動画を見る 

 

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール
清水朗子プロフィール

清水 朗子(しみず ろうこ)
詳しいプロフィール
スタジオ・ホワイトムーンの特徴
体幹トレーニングの考え方
あなたの魅力がアップする
スタジオのご案内
Facebookページ

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ